済州島到着

3月13日(日)曇り時々雨

済州島には電車が無いので、バスでの移動になる。
バス移動にはT-moneyカードが便利!なんだけど、持って来るの忘れちゃった。

チェジュの空港をウロウロ

カカオフレンズT-moneyカード

てことで、チェジュ空港にあるセブンイレブンで、新しくT-moneyカードを購入した。
セブンイレブンで売られているT-moneyカードは、私の大好きなカカオフレンズのイラストが書かれた8種類。
可愛い!!
色々と悩んで犬(フロド)のカードを選んだ。
ついでに15,000ウォン分チャージもしておいた。

スポンサーリンク

空港内のフードコート

まだお昼の時間じゃないんだけど、空港内にフードコートがあるのを見つけてしまい、どーしても我慢出来なくなった。
しゃーない、早めのお昼ご飯を食べることにしよう。

ビビン冷麺

久々の韓国料理は、ビビン冷麺。
相変わらずビビン冷麺は辛いけど、美味しい♪

済州島の市内バス

済州島市内バス

空港から宿までは市内バスの500番に乗る。
この500番バスは「漢拏大」方面と「済州大」方面へ行く2種類があるので、要注意。
500番バスに乗って「ヨンムンマウル」というバス停で降りて、ゲストハウスまで歩く。

泊まったゲストハウス

アートエアポートゲストハウス

今回泊まるゲストハウスは、Booking.comで予約したアートエアポートゲストハウスだ。
まだ、チェックイン時間の前だったけど、早めにチェックインさせてもらえた。
受付のお姉さんが、ニコニコでとっても感じが良い。

アートエアポートゲストハウス

女性用のドミトリールームだったんだけど、他にお客さんが誰もいなかったので貸し切り状態。

こちら、共有スペース。
他の部屋のお客さんも、いるんだかいないんだか分からないくらい静かだった。

済州島のチムジルバン「海水ランド」

トルハルバン

今日はずっと雨が止まなそうなので、チムジルバンでゆっくりゴロゴロしようと思う。
宿のお姉さんに訪ねると、歩いて行ける距離に「海水ランド」という海水を使った風呂などがあるサウナがあるらしい。
地図を書いてもらい、歩いて行ってみる事にした。

しかし思ったよりも遠くて、途中で寄ったコンビニで道を確認すると「歩いて行くの!?タクシーで行きなよ。」と言われた。
まだまだ距離があるってことか...しかし、お姉さんが歩けるっていうんだから歩こう。

また、途中で警察官に道を聞くと、同じ様に「歩いて行かれるんですか!?」と言われた。
まだまだ遠いようだ。

くじけずに海沿いの道に出て、しばらく歩き続けると巨龍岩という観光名所みたいな所を通った。
そして、そこからすぐの所に海水ランドが現れた!

済州島のチムジルバン

やっと着いた!
着いた頃には、スニーカーがグチョグチョに濡れていて気持ち悪かった。
帰りも雨だったらタクシーに乗ろう。

海水ランドに入って、ゆっくり休憩しようと思ったら、
サウナは中国人の団体客で埋め尽くされていた。
なんなんだ、ここは。
聞こえて来るのはハングルではなく中国語だった。
とてもうるさくて騒がしい。
居心地が悪い。
イライラする。


なんで、こんなに騒がしいんだ!

あ、いかんいかん。
ヒーリングに来ているのにイラついてどうするんだ。
落ち着け!自分!地球はなぜ青いのかを考えるんだ!

仕方が無いので、サウナにある食堂に入ることにした。
食堂には韓国人のおじさん客が1人いるだけで、ガラ空きだった。

海水ランドの食堂

ちょうど、「人工知能vs人間の囲碁対決」のテレビが流れていた。
(韓国人プロ棋士イ・セドルがコンピューターに勝ったったいうやつ)

スンドゥブチゲ

私はスンドゥブを食べて、食堂で少しくつろいでから、サウナを出ることにした。
まだまだ雨が降っていたので、タクシーを拾って帰った。

このタクシーの運転手が、とても良いおじさんで話が盛り上がった。

「最近は日本人がじぇんじぇん来なくなった。
今は中国人ばっかりですね。
海水ランドも中国人ばっかりでうるさかったでしょ?
海水サウナっていう所なら、地元の韓国人しかいないから静かだよ。」

と教えてくれたので、次は海水サウナというチムジルバンへ行ってみようと思う。

2日目へ進む

sponsored link