2014年4月3日
2週間のバリ島旅行も今日で終わり。
私はウブドからバスで空港へと向かった。

ウブドから空港までのバスは、微妙に早い時間の便しか無かったが、空港でマッサージでもして時間を潰せばいいかと思っていた。
なので、飛行機の出発の5時間前くらいには空港に到着していた。

バリの空港が新しすぎて...

バリ島のデンパサール空港は、新しくなったばかりの超新しい空港だ。
新しすぎて、まだ完成していないくらい新しいのだ。

何もないとかいうレベルでは無く、画像の通りまだ未完成の空港だ。

2階のショップが入る予定のフロアは廃墟の様になっている。
3階の出発するフロアにはお土産屋がひとつだけオープンしていたが、他はまだ未完成。

これは困った...

これでは、どうやっても時間を潰せない。
飛行機の出発まで、まだまだ時間はたっぷりある。

私はかろうじて一件だけ存在している1階のレストランに入った。
最後だし、多少高くてもインドネシア料理を食べまくろう。

しかし、このレストランはマレーシア料理を出す店だった。
なぜバリの空港でマレーシアなのだろうか。
これから、マレーシアに戻るっていうのに...
まあ、マレーシア料理は嫌いじゃないし、むしろ好きだからいいんだけどさ。

最後のバリご飯は、ナシレマとテタレッという王道マレーシア料理だった。
お、どことなくバリテイストな気がする!
と思いながらいただいた。

ナシレマを食べ終わると、3階の地べたに座って瞑想をしながら時間を過ごした。
出発ロビーにはイスさえも無かったので、旅行者の皆さんは地べたに座って待っていた。

最後の最後で、出国税がかかるのを知らずに、ATMへ走ったりとバタバタして、ドルと混ぜて支払ったら極端にレートが悪くて多めにお金を払うことになったが、どうにかバリ島を出国できた。

何だかんだで、最後までスムーズに行かなかったバリ島旅行だ。

バリ島といえば南の島の楽園イメージだったけど、私にとってはあまり楽園ではなかった。
他のどの国に旅行した時よりも、バリ島には違和感があり、どんよりとした妙に重い空気感を感じていた。
要するに、私とは相性が悪い国だったのだろう。

バリ島旅行最終日の支出

宿代(4泊分) Rp600.000
アイスティ Rp10.000
空港で最後の食事(ナシレマッ、テタレッ) Rp82.995
出国税 Rp200.000

Total Rp892.995(約7,948円)

※2014年3月のレート Rp.1=0.0089円で計算

2週間のバリ島旅行で使った費用

約2週間のバリ島旅行で使った費用は約69,275円だった。

これには、航空券なども含まれているが、日本発ではなくマレーシア発のチケットだったので、だいぶ安いと思う。
日本から行く場合は、エアアジアのキャンペーンとかで購入出来れば激安で行く事も可能かも。

  • 航空券(マレーシアからのエアアジア往復) 12,822円
  • インドネシア入国ビザ $25(約2,575円)
  • インドネシア出国税 Rp200.000(約1,780円)
  • 宿泊費(13泊分) Rp1.690.000(約15,041円)
  • 移動費(タクシー、バス等) Rp584.000(約5,198円)
  • 食費 Rp1.525.500(約13,577円)
  • スパ代(9回分) Rp620.000(約5518円)
  • その他雑費(お土産や日用品など) Rp1.434.185(約12,764円)

今回の旅行の総合計約69,275円

ルピアは2014年3月のレート Rp.1=0.0089円で計算しています。
現在のビザ代や税金等は値上がりしている可能性がありますのでご注意ください。

マレーシアの物価は日本の3分の1で、インドネシアの物価は日本の5分の1と言われている。

しかし、これはローカルの人達に対しての物価の事だろう。
バリ島はかなりの観光地なので、ローカルの人達と同じような物価では過ごせない。
そういったことを考えると、旅行者としては、あまり観光地化されていないマレーシアの物価の方が安く感じたりもする。

ちなみに、バリ島で初めに行った大型のスーパーの物価はマレーシアのスーパーとほぼ同じくらいの価格だった。

sponsored link