2014年3月20日

特に何もやることがないので、ウブドの街をブラブラしてみよう。

バリ島グルメ

お腹が空いた。
街をウロウロしていて目に飛び込んだのは、「ナシレマッ」の文字と写真。

あ、ここにしよう。

スポンサーリンク

マレーシア料理

あ、ナシレマッはマレーシア料理だった!!

間違えちゃった。
せっかくのバリ島なのに、間違えてマレーシア料理店に入ってしまった。

メニューを見ると、ナシレマッやロッティチャナイに、テタレッなど....
バリ島の料理かインドネシア料理が食べたかったんだけどな。
しかし、すでに店に入って席に座ってしまったので仕方ない。
一番安いプレーンの「ナシレマッ」と「テタレッ」を頼んだ。

プレーンのナシレマッRp.25.000(約223円)
テタレッはRp.15,000(約134円)

よく行くマレーシアの食堂の2〜3倍の値段だった。
そりゃそうだ。
外国料理はどこの国だって高いもんね。
これでも、かなり安い方だと思う。

屋台でバクソ

バリ島の屋台

町歩きをしていたら、またお腹が空いてきた。
この辺で屋台料理でも食べてみよう。

春雨とか肉団子の入った、いかにもアジアの屋台料理っぽい食べ物だ。

バリのバクソ

値段はRp.100,00だった。

隣で同じ様に食べていた韓国人ツーリストが、これは「バクソ」という屋台料理だと教えてくれた。
バクソはなかなか美味しかった。

屋台でナシチャンプル

ナシチャンプル

これは、昨日の夜に食べたもの。

ナシチャンプルといって、ご飯とおかずがセットになってる食べ物だ。
これがとても美味しいのだ。

屋台料理は基本的には安いが、割と高確率で値段をふっかけてくる。
このナシチャンプルもRp.200,00で、現地の人の価格の2倍だったが、まあバリではよくあることみたいなので、素直に支払おう。
インドの感覚で、強めに言って交渉しようとするとキレられる。

バリ島に来たらスパだ

時間がたっぷりあるので、マッサージに行きまくることにした。
バリ島は美容系のスパが充実しているので、ツルツルピカピカに磨いてこよう。
たまには、こんな旅行もいい。

まずは、クリームバスというヘアートリートメントの店に行く事にした。
ネットで検索した良さそうなお店に向かう。
場所は、スグリワ通りってところらしく、地図を見ながら進んでいくとここら辺かな?という辺りでちょうど「マッサージ?」と声をかけられる。
「ああ、ここか」と思って店内に入ってしばらくして「あれ?この店じゃなかったかも...」と店を間違えたことに気付く。
しかし、すでに店に入って席に座ってしまったので仕方ない。
(デジャビュ〜)
まあ、いいや。

この時マッサージしてくれた女性は、やたらと若く見えた。
途中で気になって年齢を聞くと「17歳」と言っていたが、もっともっと若く見えた。
小学生なんじゃないの?ってくらいに若く見えた。

この子自体はとても良い子なんだけど、まだ若くて技術が未熟というか...もしかしたら、まだ見習いの子なのかもしれない。
マッサージが、全く気持ちよくなかったのだ。
気持ち良く無いどころか、凄い力で髪の毛を引っ張られて、ブチブチブチ〜ッ!!と、毛を抜かれてしまい、超絶痛かった。
でも、こんなに若い子なら仕方ないよね。
なんせ、この子自体がとっても良い子なので文句が言えない。
毛穴から血が出るんじゃないかと思ったけど、ずっと我慢した。
(ちゃんと注意してあげた方が、その子の技術の向上には良いんだろうけど、私はそれが出来ないダメ上司系トド)

バリ島旅行記4日目へ進む

バリ島旅行3日目の支出

屋台(バクソ) Rp10.000
モンキーフォレスト入場料 Rp20.000
カフェ(アイスティ) Rp18.000
simカード Rp15.000
夕食(ナシレマとテタレッ) Rp40.000
商店(ポカリやお菓子) Rp26.000
クリームバス Rp30.000

Total Rp159.000(約1,415円)

※2014年3月のレート Rp.1=0.0089円で計算

sponsored link