アサンチョークへの通り

2015年11月22日

体調も良くなったので、少し観光でもしてみよう。
ということで、ドミトリーの人達にくっついてダルバール広場へ行く事にした。

ダルバール広場へ向かう

ダルバールというのはネパール語で「宮廷」という意味らしい。
カトマンズの他にもパタンとバクタプルにダルバール広場があるようだ。
(パタンのダルバール広場が1番キレイとの噂あり)

ダルバール広場はネパール人なら普通に入る事が出来るが、外国人は入場料がRs.1000かかる。
ちょっと高い...
4月に起きたネパール地震の影響で、ダルバール広場もかなりのダメージを受けたと聞いていた。
ということは、崩れた建物を見る為にRs.1000を払うという事だ。
しかし、地震の復興支援として入場料を払うと思えば気持ち良く出せる。

と思ってたんだけど...

ドミトリーに泊まる人は基本的に貧乏旅行者が多いので「ネットで調べたら、ダルバール広場近辺のお土産屋に入ると、裏口から抜けられてダルバール広場にタダで入れるらしいよ!」なんて話が出てきた。

その入り方はちょっとな...普通に払いたいな...

と思っても、私は意外と小心者なので言い出せない。
とりあえずくっついて行く事にした。

タメルからダルバールへ向かって行くと、外国人向けの観光地から地元向けのの市場の雰囲気に変わった。
アサン・チョークと呼ばれる旧市街の中心地あたりは、何だか凄い賑わっている。

そしてさらに進むと、お土産屋が何件か見えて来た。
しかし裏側から出られる感じでは無かった。

ticketcounter

ダルバール広場の手前あたりには、チケットカウンターがあった。
SAARC(インド、パキスタン等)はRs.150らしい。

他の人達は意地でも支払わずに別の道を探して入ろうとしていたが、そもそも観光にあまり興味が無かった私は面倒くさくなってしまった。

ということで「ちょっと、また具合悪いんでお先に...」といって、消える事にした。
すると他の何人かも面倒くさくなっていたらしく、一緒にお昼ご飯だけ食べて帰る事になった。

ということで、結局ダルバール広場へは入らすに終了。

ダルバール広場

これは、外側から見えたダルバール広場。

夜ご飯はダルバート&ネパールのビール

カトマンズでダルバート

今日も夜ご飯はダルバートだ。

ネパールのビール

そしてネパールに来て初めてのビールを飲んだ。

「Nepal Ice」と「TUBORG」という、両方とも初めて飲むネパールのビール。
普通のNepal Iceは甘みが強いらしいんだけど、この時に頼んだのはストロングだったので、甘いとは感じられなかった。
ビールの値段は小さな瓶ビールでRs.350なので、そこまで安くはない。

この日は久々の酒だったので、すぐに酔っぱらえた。

5日目へ進む

sponsored link