2015年11月24日

朝7時にカトマンズを出発するバスに乗り、ポカラへ向かう。

ポカラ行きのバス

ネパール旅行記6日目

バスで私の隣に座ったのは、ネパール人のおじさん...かと思ったら、日本語で「おはよう!」と言ってきた。
ネパールって日本語話せる人多いよな。

td1

日本語うまいですね!


おじさんおじさん

ああ、ありがとう。


td1

どこで習ったんですか?


おじさんおじさん

いや、習ったっていうか・・日本人なんだけど。

ということで現地の人では無く、日本人(Mさん)だった。
失礼しました。

ポカラに到着

ポカラの道を塞ぐ牛

バスは順調にポカラへ向かっていた。
すこしずつ、気温が少し暖かくなってきた。
風景も段々とのどかになって来て、道端に牛たちの姿が増えてきた。

牛は可愛いな。
でも、インドの牛と少し違うみたいだな。
水牛に近い感じ?
背中にコブも無い。

バスは午後2時頃にポカラに到着した。

スポンサーリンク

シャンティゲストハウス

フェワ湖とボート

バスが着くと、私はシャンティゲストハウスという安宿へ向かおうとしていた。
カトマンズのドミトリーでで同室だった日本人からオススメされた安宿だ。

さて、バス停からシャンティまで歩こうか、タクシーにしようか...
と考えていたら、日本語を話す客引きが来た。

アジア人男性

どこのホテル行くの??


td2右

シャンティです。


アジア人男性

そこは止めた方がいい!中国人が多いよ!


td2右

そうなの?でも、ドミトリー安いし...


アジア人男性

安いけど、ドミトリーも中国人しかいないよ!とっても、うるさいよ!うるさいよのイヤでしょ?


td2右

え?うるさいのは、ちょっとイヤかも...


アジア人男性

私よ〜く知ってるよ、日本人と中国人はコレね。合わないね。」←と言いながら指をバツにしてくる。


td2右

はぁ...

そして、別の宿を勧めてきた。

ちょっと客引きの態度が怪しかったので、私はバスで隣だった日本人Mさんと一緒にタクシーに乗り込んだ。
すると、客引きはタクシーの運転手に「○○ホテルまで行ってkれ」みたいな事を言っていた。
おいおい...
客引きに言われた事は少し気になったが、とりあえずシャンティゲストハウスに向かった。

シャンティゲストハウスは、有名な日本人宿「ペンギンゲストハウス」のすぐ近くにあった。
(カトマンズのドミで同室だったジャンキー君が泊まっている宿)

シャンティーのドミトリーをのぞくと、日本人の女の子が1人だけだった。
彼女によると「中国人?もう1週間くらい泊まってるけど、会った事無いですよ。」とのことだった。

客引きは「中国人が多いよ」と言えば、日本人は嫌がると思って嘘を言ったのだろう。
騙される所だった。
(私はどこの国の人と相部屋になっても構わないが、うるさいのは嫌だったので気になった。)

牛と私
この後ツノでやられそうになりました

7日目へ進む

sponsored link