豫園

3月9日(水)くもり・寒い

今日は豫園(ヨエン)に行く。
ここは以前に上海に来た時に楽しかった記憶がある。
確か、ちょっと裏の通りに入ると古くて怪しい感じの店やらがあったはずだ。
古くて汚いデパートとか、偽物のドラえもんがたくさん売られている怪しい商店の集まったビルやらがあった。

豫園を見学

豫園

しかし豫園は、だいぶ変わっていた。
キレイな通りしか無くなっていた。

スポンサーリンク

お昼ご飯

上海で点心ランチ

豫園のお昼ご飯はどこも混んでいたので、すいている点心のお店に入った。

自分で食べたい物を選んで、先にレジで代金を支払うお店。
これだと会話をする必要がほとんどないので注文が楽だ。

茶碗蒸しみたいな豆腐は美味しかったけど、他のはイマイチだった。
だから、ここのお店はすいていたのか...

本場の中国茶カフェ

中国茶のカフェ

豫園をブラブラした後は、ガイドブックに載っていた中国茶のカフェで一休み。

割とお高い店で、1番安いお茶でも35元(約665円)した。
ちなみに一番高いお茶は180元(約3,422円)だった。

中国緑茶

私は65元の中国緑茶を注文。

中国白茶

くちびるげは、80元の白茶というお茶を注文。
もしかしたら、白茶ってインドのダージリン紅茶工場で説明を受けたホワイトティのことかな?
高級なお茶って言ってたしな。

中国茶カフェ
(手前が緑茶で奥が白茶)

味は両方とも、とても美味しかった。
白茶の方が渋みが無くて飲みやすかったかな。
高いだけのことはあるな。

福佑門小商品市場

福佑門小商品市場

お茶を飲んだ後は、豫園の駅の近くにある「福佑門小商品市場」へ行ってみた。

韓国の東大門市場みたいな、ビルの中に入っている市場だ。
雑貨や衣料など色々な物が売られていて、見て回るだけでも楽しかった。

中国のドラえもん

このドラえもん水筒は買おうか迷ったが、冷静に考えて買わなかった。

静安寺

友人Bが見たいお店があったので、地下鉄「静安寺」という場所へ移動。
駅とショッピングモールが繋がっているような所で、中国感は全然無かった。

フードコートで中華料理

静安寺のフードコート

フードコートがあったので、ここで夕食を食べる事にした。
私はまた、指さしで頼める店で注文した。

上海のフードコート

この見るからに美味そうな食べ物たちは、見た目通りどれも美味しかった。

・豚の角煮16元
・麻婆豆腐8元
・ご飯とスープ3元
合計27元(500円くらい)だった。

他にもたくさん食べたいのがあったので、また後日食べに来たいと思う。

中国の麺料理

くちびるげは、別の店でこんな感じの麺料理を注文。

上海では1人で食事をしている人を割と見かける。
1人旅しやすいかもしれないな。

あ、でも、英語が全然通じないから買い物は大変かもしれない。
通じないというよりも、あまり外国人を相手にしたくないのか...もしくは日本人を嫌っているのか...という感じ。
特にローカル向けの店では、相手にもしてもらえない事が多いから困る。

夜食

夕飯はしっかり食べたのに、もう少しだけ食べたいという事になって、ホテルの近くの食堂へ。
小籠包と野菜炒めを注文した。

中国の野菜炒め

この、野菜炒めがちょっとクセがあるんだけど美味しかった。
これはクレソンかな?
野菜だけど油たっぷりで、ヘルシーなんだか何なんだか良く分からないけど、味が非常に気に入った。
このままだと、確実に体が肥える。
食事以外にも、たくさん買い食いをしているので。

上海旅行記3日目に進む

sponsored link