スモークハウス

ブリンチャンにあるスモークハウスで、アフタヌーンティーをしてきた。

キャメロンハイランドが舞台の小説「熱い絹(松本清張)」の中に、スモークハウスが何度か出てくる。
その影響で、1度は行ってみたいなーと思ってたんだけど、さすがに1人では行きにくいんだよな...
と思っていら、KLから友達が訪ねて来たので一緒に行くことにした。

アフタヌーンティーならRM20くらいらしいので、これなら貧乏旅行者の私でも行けるだろう。


[まとめ買い] 熱い絹

キャメロンハイランドのスモークハウス

スモークハウス

私の滞在しているタナラタからブリンチャンまでは、タクシーであっという間に着いた。
まあ、歩ける距離だしね。

スモークハウスは、想像以上に素敵な建物だった。
可愛らしい庭のある。
スモークハウスに1ヶ月くらい滞在でくるくらい稼ぎたいなあ。

スポンサーリンク

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーメニューを見て、その中から私たちは紅茶とスコーンのセットを選んだ。

こちら、キャメロンハイランド名物のBOH TEAです。
紅茶はお湯を注ぎ足してもらって、もう一回飲めた。

う〜ん、良い色。良い香り。

紅茶と一緒に、焼きたてのスコーンも😍
スコーンは、クリームとジャムをたっぷりつけて食べる。

BOHティーはミルクに良く合うと言われている。
香りがとても良く、紅茶の味がしっかりするのに、渋みが少ない。
そして、こくがある!(様に感じる)

今まで貧乏1人旅をして来た私には贅沢すぎるな。
いや〜大満足!

素敵な内観と庭

それにしても、熱い絹に出て来る警部さん達は、毎回こんなすばらしい場所で軽食をとってたのか!
それも、公費で!!くそっ。
(熱い絹はフィクションです)

トイレに行くついでに覗いた食堂もまた素敵だった。
フリー●イソンのロッジ風な白黒モザイク床もとても素敵だ。
やはり今度キャメロンハイランドにくる時は、ここに泊まりたい。

内装もお庭もとても美しくて、接客も丁寧で、最高のティータイムだった。

値段は少し高めなのかな?と思ったけど、よく考えたらスタバでコーヒーとケーキを食べるのと同じくらいの値段なのだ。
そう思うと、かなりお得だな。

マレーシアの涼しい高原でアフタヌーンティー。
非常に良い体験をした1日ですた(・∀・)

sponsored link