チェンマイのソンクラン

2014年4月13日 ソンクラン当日

チェンマイに来てから、身体中が痒くなった。
バリ島で購入したディート13%の虫除けクリームを塗っていても、朝起きると身体中が痒いのだ。

かゆいかゆいかゆい

あらためて鏡で自分の体を見てみると、南京虫?みたいな感じの刺されたあとがあった。

泊まっている宿(SK HOUSE)のベッドは割と綺麗で、南京虫がいるようには見えないのだが、確実に毎朝起きると虫刺されの痕が増えている。

ダニなのかな??
ダニにはディート13%は効かないの?


(バリ島で買ったディート強めの虫除けクリーム)

痒みも辛いけど、この虫刺され肌は見苦しい。
でも、チェックアウトは明日だからそれまでの我慢だ。

ソンクラン当日

チェンマイのソンクランはタイで1番盛り上がるという。
しかしソンクランを無視することにした私は、ソンクランなど知らんぷりしてご飯を食べるために外に出た。

噂通りチェンマイの街は大盛り上がりだった。
そんな浮かれた人々を無視して、忍者のように壁をササッと伝いながら素早く食堂へ向かった(←全然ソンクランを無視できてない)

非常に素早くサササーッと進んでいたので、あまり濡れずに食堂に辿り着けそうだった。
しかし、ちょっと油断した隙に、西洋人の団体に見つかってしまった。

チェンマイのソンクラーン

「TOO DRY!!」(乾き過ぎだ!!)

と、私を指さして叫ぶ西洋人たち。
私はあっという間にびしょ濡れになった。

くっそー...

一瞬、頭に血がのぼったが、ソンクランを無視すると決めていた私はそのまま何事も無かったかのように歩き続けた。

しかし、いつの間にか私の右手には、

ドラえもんの水鉄砲

未来のネコ型水鉄砲が握りしめられていた。

やっぱり、ソンクランを無視するなんてノリ悪いよね。
あっという間に手のひら返し。
私は子供用のドラえもん水鉄砲を購入して、ソンクランに1人で参戦することにした。
正直こんな弱々しい水鉄砲では、バズーカみたいな水鉄砲を持つ西洋人たちにはかなわない。
しかし、見ず知らずの外国人たちにピューピューと水をかけるのは楽しかった。

いい歳して水遊びに夢中になってしまったせいか、宿に戻った途端に全身がだるくなり、その後は寝込んだ。
明日は移動日なのに大丈夫なのだろうか。

タイ旅行6日目の支出

朝食(空芯菜と肉のご飯30B、ビール35B)65B
水鉄砲150B

Total 215B(約667円)

タイ旅行記7日目へ進む

sponsored link