犬遣いのおじさん

2015年12月1日

実は、今だにインド風邪を引きずっていた。
夜になると少し咳が出たりして、完全に風邪が治っていなかったのだ。

宿の近くにチベット系の病院があるらしいので、この機会に行ってみることにした。

チベット医学センターで診察してもらう

KunphenTibetanMedicalCenter

クンフェン・チベット医学センター(Kunphen Tibetan Medical Center)は、タメル地区の中にある。
チベット医学には以前から興味があったんだけど、なかなか診察してもらう機会なんてないから、ちょっとウキウキ。

病院には数人の患者さんが待合室で待っていた。
私は「風邪が長引いていて、夜になると咳が出るので、メディカルチェックをして欲しい」という事を受付に伝えた。

番号が書かれた紙を渡された私は、しばらく庭のベンチで待った。
10分くらい待った所で呼ばれたので、診察室に入る。
診察室には、チベット人の優しそうな男の先生が座っていた。

脈と血圧を測ってもらい、どんな症状かを聞かれた。
そして、先生は私のつたない英語での説明を一生懸命に聞いてくれた。

そして、診察結果は以下の通り。
メンタルもフィジカルも健康なので安心しなさい
心がヒート気味なので毎朝瞑想をしなさい
ストレスが溜まりやすいみたいだ
咳はじきに治るから心配ない

最後に「薬を1週間分出すから、また1週間後に来なさい」と言われたけど、明日にはネパールを離れてしまう。
と言ったら、薬を1ヶ月分も出してもらった。

こんなにたっぷり薬をもらった。

「丸薬は飲み込まずに、噛み砕いて飲んで下さいね」
なんて言われたけど...
丸薬を飲み込まずに噛み砕いて飲む...だと?飲めるのか??

試しに一粒噛み砕いてみたら、案の定とんでもない味がした。

チベットの薬

こちらは鍋で煮出して飲む薬。
これも、涙が出る程まずい。

“良薬口に苦し”という、ことわざが本当ならこの薬は相当な良薬だろう。

しかし、これを1ヶ月も飲み続けられるのか?
これを飲み続けるくらいなら、毎晩咳で苦しんだ方がマシかもしれない。
というほど苦い薬だった。

ちなみに、効き目も凄かった。
普通の西洋医学の薬とは違って、漢方に近い効き方ではあるんだけど、強力だ。
葛根湯を飲んだ時に体が熱くなるみたいに、全身の熱が一気に上がってポカポカしてくる。
そして、利尿作用も凄くて何度もトイレに行った。

1回飲んだだけで、疲れて風邪が治ってしまった感じだった。
身体はぐったりと疲れたが、本当に凄い。

全部飲みきる前に全快してしまったので、かなりの量のチベット薬が余ってしまった。
次に風邪を引いた時に飲んでみようかな。

最終日へ進む

sponsored link