ソウル旅行記4日目

朝は1人でブラブラと散歩をしたが、寒くてすぐに室内に入りたくなった。
すばれるなあ〜

韓国の薬局はとても便利

こういう寒い日は、暖かい栄養ドリンクを飲むと良い。

暖かいサンファドリンク500ウォン。

栄養ドリンクはコンビニでも買えるけど、私はいつも薬局で買っている。
なんとなく薬局で買ってその場で飲み干すと、効きそうな気がするじゃない?
漢方が苦手な人にはキツい味だろうけど、体が一気に温まる。
風邪の引き始めにも効く。

この他にも韓国の薬局は、1回分の薬を出してくれたりするので安いし便利だ。
例えば「胃が痛い」と言えば胃薬を1回分出してくれて、その場で飲ませてくれる。

大学の学食に潜入した

朝ご飯は、延世大学の学食で食べる事にした。
大学内にはいくつかの学食があるが、その中でも美味しいと評判の工学院の学食へ向かった。

メニュー

なんと学食メニューがモニター画面になっている!
これならハングルが読めなくても、写真と値段を見て番号を伝えればいいから簡単だ。
と思ったら、ボヤッキーが3番と4番が気になるから説明しろと言ってきた。

td1

「トーストセット、うどん&いなり、味噌チゲ定食、豚キムチライス」だよ


私は2番のスンドゥブを注文し、ボヤッキーは4番の豚キムチライスを注文した。

番号が書いてある所に食券を出して、出来上がるのを待つ。
私のスンドゥブがぐつぐついってるのが見える。
うまそー

キムチはセルフだ。
「食べる分だけ取りましょう」と張り紙がはってある。

スンドゥブ

スンドゥブ定食。
ここのスンドゥブは、変に味が濃くなくて大好き。
昔からずっと変わらない味だ。

豚キムチご飯

ボヤッキーの頼んだ豚キムチライス。
思いのほか辛すぎたようで、ボヤッキーが汗だくになっている。

辛すぎて頭がクラクラするので、甘い物が飲みたいと言い出した。

韓国のコーヒー自販機

ということで、食後に自動販売機で甘〜いコーヒーを買っているボヤッキー。

韓国のコーヒー自販機

これ、なんと1杯300ウォンのカップコーヒー自販機だ。

韓国のコーヒー自販機

左からミルクコーヒー(砂糖とミルク)、砂糖コーヒー、クリームコーヒー(砂糖無し)、ブラックコーヒーと4種類ある。

カエルのゴミ箱

飲み終わった紙コップは、カエルさんの口に捨てる。

スーパーでお土産買って、日本へ送る

韓国のスーパー

午後からはスーパーで土産物を購入し、それを日本へ送る作業をすることにした。
まずは、スーパーへ買い物へ。

スポンサーリンク

韓国のスーパー

スーパーの朝鮮人参

韓国野菜や朝鮮人参などは、日本で買うよりも断然安い!
でも、生鮮食品なんて持って帰れないので見るだけ。

お菓子やラーメンや韓国海苔などのお土産を買った。

荷物を送る

韓国土産

そんなにたくさん買ったわけじゃないので、普通に持ち帰っても良いんだけど、送料がそんなに高くないので私はいつも送っている。

この段ボールに詰めた。
ちなみに段ボールは郵便局でも買えるけど、スーパーとかで普通に貰える。

荷物の送り方はEMSや航空便や船便など色々あるけど、私はもちろん1番安い方法で送る。
スモールパケットという保証無しの定形外郵便的な送り方だ。
郵便局へ行って「スモールパケット」と言うと色々と手続きをしてくれる。

荷物は1キロちょっとで7,000ウォンくらいだった。
下手したら国内の宅配便とかよりも安い。

北村(プクチョン)をブラブラ

まだまだ時間があったので、夕方から北村へ行ってみた。

あ、ホットックだ。

緑豆ホットック

緑豆ホットックを食べながら、伝統的な町並みを散策。

無人のイモ屋

大学芋の無人販売もあった。
仁寺洞の通りほど観光客が多くないので、食べ歩きするのにはちょうど良い。

そして、伝統茶カフェで健康茶を飲んだりしていたら、あっという間に夕食の時間になってしまった。
食べてばっかりな旅行だが、これが目的なのでいいのだ。

サムゲタン食べてマッコリ飲んで...

夜は宿の近くに戻り、サムゲタンの店へ行った。

百年土種参鶏湯

サムゲタン

ホンデの駅から歩いて行ける距離にある「百年土種参鶏湯」というお店。
韓国で語学学校へ通っていた時に、先生に教えてもらった有名店だ。

とーーっても濃厚でクリーミィなサムゲタンだ。
しかし、鶏を丸まる一羽食べ尽くすと、かなりお腹がいっぱいになる。

でもこの日の予定では、食後にチヂミとマッコリを飲みに行かなくてはならない。
お腹をさすりながら新村まで歩いてお腹を空かせる作戦だったが、全然減らない(当たり前)。

それにしても、新村の朝はあんなに静かなのに、夜は365日いつでも賑わっているな。

伝統居酒屋

伝統居酒屋

まだまだサムゲタンが消化されていなかったが、覚悟を決めて伝統酒屋に入った。
そしてヘムルパジョン(海鮮チヂミ)とマッコリを注文。

マッコリ

マッコリは1瓶を注文したのだが、実はボヤッキーは酒が1滴も飲めない。
つまり、私1人でこれを飲み干さなければならない。
いけるかな?

頭の大きさ2つ分くらいの大きなチヂミを食べきる自信が無かったが、味はとても美味しい。

マッコリ

マッコリは順調に減ってきている。
この辺りからもう記憶がない。
酒というよりも、満腹感で酔っ払ったようだ。

この日は、マッコリ臭いいびきをかきながら就寝した。

4日目の支出

薬局(サンファドリンク) 500ウォン
ダイソー(ガムテープ、ホッケ茶) 2,000ウォン
朝食(学食でスンドゥブ定食) 3,000ウォン
自動販売機(コーヒー) 300ウォン
農協(お菓子とか土産) 19,660ウォン
スーパー①(お茶とか土産) 12,570ウォン
スーパー②(ホッケ茶ティーバック) 4,200ウォン
郵便局(日本への荷物) 7,100ウォン
KAKAOショップ(ステッカーなどの土産) 12,500ウォン
屋台(ホットック) 1,000ウォン
伝統茶カフェ(サンファ茶)5,500ウォン
夕食(サムゲタン) 12,000ウォン
伝統居酒屋(マッコリとパジョン) 14,500ウォン

TTotal 94,830ウォン(約10,241円)

※2015年1月のレート 1ウォン=0.107994円で計算

ソウル旅行記5日目へ進む

sponsored link