2014年12月25日

朝食は「神仙ソルロンタン」でソルロンタンを食べる事にした。

神仙ソルロンタン

「神仙ソルロンタン」は、きんとうんに乗った仙人みたいなキャラクターが目印の有名店だ。

ソルロンタンは朝食にピッタリな料理で、辛い物が苦手な人にもおすすめだ。

神仙ソルロンタンのメニュー。

私は「百歳ソルロンタン」という高麗人参やら、なつめやらにんにく等の入った健康的で100歳まで生きられそうなソルロンタンを注文。
ボヤッキーは「にんにくソルロンタン」という息の臭そうなソルロンタンを注文。

ここのキムチはセルフで盛りつける。
私はここのキムチが韓国で1番好き。

とってもクリーミィで濃厚な牛骨スープ。
ご飯やキムチをスープに混ぜながら、2人ともあっという間に完食した。

梨泰院→南大門→明洞

梨泰院

朝食の後は梨泰院をブラブラしたり、南大門を見学したり...

スポンサーリンク

南大門市場

南大門

南大門はいつ行っても賑わっている。
高麗人参や韓国海苔を買うなら、南大門が安いと思う。

あと、このモンペパジはとてもおすすめ。
よく韓国アジュンマが愛用しているウエストがゴムのゆる〜いパンツだ。
意外とこの柄が可愛いと思う。
他にもアジュンマが着ているムームーみたいな服もおすすめだ。

この後は、南大門から明洞まで歩いて行き、両替をしたりした。

明洞での両替がおすすめ

両替は、明洞がおススメです。
明洞には両替屋がたくさんあって競争状態なので、他の街よりも若干レートが良い。
同じ明洞でも、通りを少し行くだけでレートが変わったりもする。

また、ちょっと怪しい両替屋もある。
南大門の地下ショッピングセンターにあるお店でも「両替やってる?」と聞くと、闇で両替してくれたりもする。
レートは良いんだけど、闇なので...まぁ、自己責任で。

ソルビンを食べてみた

ここで偶然「ソルビン(雪氷)」を見つけた!!
パッピンス(韓国かき氷)の進化系と言われる韓国デザートだ。
私はこのソルビンを是非食べてみたかった。


「姉さ〜ん、こんなに寒いのにかき氷って、キムチの食べ過ぎで頭やられたんやない?」

と、ボヤッキーが絡んで来たが「姉さんじゃない!この年齢詐称男が!」と一喝して店内に連れ込んだ。
(最初の頃のボヤッキーは、年下だとウソをついていた。)

普通は二人でひとつを注文して食べるぽいのだが、私たちはそれぞれに注文した。

私が頼んだ苺のソルビン。

ボヤッキーはきな粉だったかな??

値段は1000円くらいして高かったけど、美味しい!
止まらない!!

ンゴゴゴゴ.....

勢い良く3分の1くらいを食べた所で二人とも手が止まり始める。
美味しいんだけど、体の芯から冷えて来てガタガタと震えが止まらない。
それに、氷だと思って軽く考えていたが、結構お腹にたまる。
しかも私のソルビンにはあんこ餅まで付いている。

ンゴゴゴゴ.....

でも、残すのはもったいないので寒さと戦いながら食べた。
極寒のソウルでかき氷。
体の芯から冷えた。

ンゴゴゴゴ.....

そして、さっきから無視していたが、どうやら私のお腹が変な音を出している。
これは確実に波が来ているな。

新村

体の芯から冷え切ってしまった。
これは..もう..ハンジュンマク(韓国サウナ)に行くしかないな...

ということで、新村に戻ってハンジュンマクに行く事にした。

汗蒸幕(ハンジュンマク)

かき氷で冷えきった体を温める為に、新村にある汗蒸幕へ向かった。
汗蒸幕は日本の岩盤浴みたいな感じのサウナだ。
チムジルバンと呼ばれる韓国の韓国の健康ランドの中にあって、男女で一緒に入れるので、友達同士やカップル、家族などにも人気の施設だ。

ついでにフェイスパックでもしようかと思い、途中のドラッグストアでパックを買った。
すると、なぜかボヤッキーも真似して購入している。
最近お肌のケアに凝っているらしい。

新村汗蒸幕の入場料は8,000ウォンだった。

お風呂の方があんまり...というか、とても汚かったので総合的に考えると、あれで8,000ウォンはそんなに安くはない。
サッと風呂から上がり、汗蒸幕のあるフロアに移動。
ボヤッキーが見当たらなかったので、1人で色んなサウナを楽しんだ。

しかし、今日はクリスマス当日だからか若者カップルばかりだった。
低温部屋の暗闇の中でカップルたちが抱き合って寝ている。
私はその隣で、食べ過ぎた体を少しでも引き締めようと1人でヨガをしてみたりした。
途中でボヤッキーとも合流して、一緒にストレッチなどをして汗蒸幕を楽しんだ。
ボヤッキーは「フェイスパックしたからお肌ツルツル♪」と言ってニヤついていたが、私には変化が分からなかった。

汗蒸幕から出ると、外はもう夜になっていた。
お腹も減ってきたし、今日は焼肉に行こう!

韓国の庶民的な焼肉屋

韓国の焼肉屋

新村にある庶民派な焼肉屋に行く事にした。
日本人向けの高級焼肉屋は、日本と変わらないくらい高いが、庶民派の焼肉屋は安くて美味しくて雰囲気も良いのだ。

まだ何も注文していない段階で、水と一緒にチャミスル(韓国焼酎)のおちょこが出てくる。
韓国では焼肉にはチャミスルが定番なのだ。
そして、お水のラベルには大人気のドラゴン氏がいる。

私たちは牛カルビ2人前とビール等を注文した。
さあ、どんどん焼いて包んで食べていこう。

ちゃんと炭で焼く焼肉で、1人前12,000ウォンは安い。
しかも、突き出しの他にチゲとケランチムもサービスしてくれる。

ケランチム(韓国式茶碗蒸し)。

テンジャンチゲ(韓国式みそチゲ)。

むしゃむしゃ美味しいな。

ソウル旅行記3日目

まだ食べられそうだったので、豚カルビを1人前だけ追加注文した。

今日は、汗蒸幕行って焼肉食べてと韓国旅行らしい日だったなぁ。
ゲフ〜

ソウル旅行3日目の支出

朝食(ソルロンタン) 11,000ウォン
屋台(かんぼこ) 2,000ウォン
カフェ(イチゴかき氷) 9,500ウォン
スパ(新村汗蒸幕) 8,000ウォン
ざくろジュース 2,000ウォン
夕食(牛、豚焼肉とビール) 21,000ウォン
コンビニ(甘いホッケ茶) 1,500ウォン
WATOSONS(かたつむりクリーム、パック、トリートメント) 17,900ウォン

Total 72,900ウォン(約7,873円)

※2015年1月のレート 1ウォン=0.107994円で計算

ソウル旅行記4日目へ進む

sponsored link