エアインディア機内

2015年7月8日(水)

成田からデリーへの直行便(エアインディア)は、超快適だった。

エアインディア機内食

機内食は2回出たが、カレーではなかった。
味は、いたって普通の機内食だ。

機内に付いているゲームに熱中していたら、あっという間にインドへ到着した。
そして何故か、飛行機を降りる時に日本人のスチュワーデスさんが「良かったら皆さんで食べて下さい」と、結構な量のお菓子をくれた。
ありがたいんだけど、荷物が増えちゃったなあ。

3年ぶりのニューデリー

デリーエアポートメトロ

空港からはメトロに乗って、ニューデリーまで移動した。
終点のニューデリーまでは、20分くらいで、金額は100ルピー(約200円)だった。

空港では悪質な客引きに要注意!
とか良く聞くけど、今回はま〜ったく大丈夫だった。

パハールガンジ

ニューデリー駅から地上に出たとたん、インドの臭いがした。
約3年ぶりのこの臭い…
独特なお香と、糞尿の混ざったような懐かしい臭い…懐かしいインドのニオイだ。
懐かしさを感じると同時に「また騙されるのか」と不安な気持ちにもなってきた。

スポンサーリンク

メインバザールのホテル

最初の3泊は友人と一緒なので、私にしてはちょっと良いホテルに泊まる。
ガイドブックにも載っている「コテージイエスプリーズ」というホテルだ。
3人部屋で1泊2200ルピーだったので、1人1泊約1500円くらい。

ホテルにチェックインをしたら、次は鉄道の手配だ!
砂壁がどうしてもタージマハールを見たいというので、今日中に鉄道の手配をしないと間に合わない。
というのも、到着したのが水曜日の夜で、友人たちは土曜日に帰る。
そしてタージマハールは金曜日休みなので、行くとしたら明日(木曜)しかないのだ。

シゲタトラベルを利用してみた

砂壁は、あらかじめ日本からインドの旅行会社に手配のメールをしていた。
しかし、返信が無かったので直接問い合わせに行くことにした。

旅行会社というのは、あの有名なシゲタトラベルだ。
シゲタトラベルは色々なガイドブックにも載っているインドでは希少な優良旅行会社らしい。
場所も、コテージイエスプリーズの1階にあるので超便利だ。

シゲタトラベルに直接行ってみると、砂壁のメールは届いていなかったらしい。
ちなみにシゲタトラベルには日本語ペラペラの社長さんがいるらしいが、この時は外出中で不在だったので、カタコト英語でやり取りをした。

メールは届いていなかったが、鉄道の手配は出来ると言う。
地球の歩き方にも乗っているとおり、早朝出発の特急に乗って夜の11時くらいに戻って来る列車チケットだ。
しかし、

インド人A(左)

鉄道よりも3人いるなら車をチャーターした方が楽だよ!!
車なら帰りの電車待たなくてもいいし!
3人で6000ルピー(約12,000円)だよ!!

いや、高いよ。
電車なら手数料入れても、せいぜい1人1000ルピーくらいなはず。
なので、鉄道チケットはいくらなのかを尋ねると、

インド人A(左)

鉄道だと1人1900ルピー(3800円)だね。
だから3人足したら車とそんなに変わらないでしょ?

は??
ここは優良な旅行会社ですよね?
何でアグラーに行く鉄道がそんなに高いの?

怪しいので、料金詳細を教えてくれと言ったら、

インド人A(左)

行きのチケットが500ルピーで、帰りが同じグレードの席が空いてないから800ルピーね。
そんで手数料が300×2で600ルピー。

良い席を指定してるみたいなので、席代が高いのは仕方ないとしても、チケットの手配料って100ルピーくらいじゃなかったっけ?
もしかして私が来た3年前からだいぶ物価が上がっちゃったの!?
600ルピーということは、往復のチケット手配手数料が1800円だ。
私の感覚では、これは高すぎる。
これは他の旅行会社にも行って確かめてみるべきだ。

砂壁に「手数料が高いよ!他の旅行会社にも行ってみよう。」と耳打ちをした。
しかし、どうしてもタージマハールに行きたかった砂壁は、
「もう夜だし、他の旅行会社が閉まってたらどうするの?
ここも何時まで空いてるかわかんないから、買おうよ」
と言う。

砂壁たちは、明日を逃したらタージマハールには行けないので、仕方なくそのままチケット手配をお願いした。
長期旅行なら絶対に他の旅行会社でも聞くべきだと思うが、短期旅行だと仕方ないのかな。

チケットは1時間後に渡すから、1時間後にまた来てくれと言われた。
そして、1時間経って取りに行くと、今度は日本語をしゃべる社長がいた。

トド島(左)

チケットを取りに来たんですが

インド人B(右)

タージマハールの見学はだいたい遅くても夕方には終わっちゃうよ?
帰りだけでも車にしたらどお?

もう、話はついていたのに、し・つ・こ・い!
とにかく車を出させたいんだね。

トド島(左)

いいんです、鉄道で大丈夫です!

インド人B(右)

わかった。じゃあチケット出来たら部屋に電話するから、部屋で待ってて。

え!?
1時間待って、わざわざチケット取りに来たんすけど!
社長のお帰りが1時間後だから、挨拶しに来いよって意味だったんですか?
ッキーーーー!!

しかし、ここはインドなので、このくらいで文句は言ってられない。
これでも優良旅行会社、優良旅行会社、優良旅行会社、優良旅行会社….

再び部屋に戻って1時間くらいしたら、電話が来たので三たびチケットを取りに行き、どうにか鉄道チケットを受け取った。

この日の出費

メトロ(空港からニューデリー) Rp.100
ホテル代(3泊分)Rp.2200
ドリンキングウォーター(500ml)Rp.10
鉄道チケット(シゲタトラベル)Rp.1900
夜ご飯(テントゥク、スイカジュース)Rp.200
Total Rp.4410(約8820円)

※2015年7月のレートRp.1=2円で計算しています。

インド旅行2日目へ進む

sponsored link